toggle
2016-06-24

ブリヂストンサイクル名車紹介:軽さと走りの良さで人気だったフォールディングバイク「トランジットライト」

1990年代後半からブリヂストンサイクルが展開しているフォールディングバイクの製品群ブランドが「TRANSIT(トランジット)」。現在は1モデルのみですが、かつては街乗りモデルからスポーティーなモデルまである比較的大きなファミリーでした。

transit_light_001

そんなトランジットシリーズの中でも人気が高かったのが、2001年に登場した「トランジットライト」というモデルです。

transit_light_2002

リア18インチ、フロント16インチホイールを採用し、シングルモデルでは9.5kgという重量(付属品を除く)を実現していました。

transit_light_002

ダブルロック式の折りたたみ機構を持ち、ハンドルもレバー操作のみで折りたたみ可能、そして折りたたみ時の自立に使えるセンタースタンドや、ハンドル内蔵のワイヤーロックなど、ユーティリティも備えていたモデルです。シングルモデルと内装3段モデルがありました。そして、後に追加されたのがこちら。

IMG_0793

外装7段変速モデルの「トランジットライト スポーツ」です。こちらの写真は、BRI-CHANに「CHeROでPHOTO散歩」を寄稿していただいている、などかず(@nadokazu)さんの愛車。したがって、後付けパーツなどがあり純正状態ではありません。

DSC_1298

トランジットライト スポーツを購入した動機について「手頃な価格で買えるキチンとした折りたたみというイメージだったから」と話す、などかずさん。実際、4万円〜5万円代で購入でき、軽くて走りの良いトランジットライトは、幅広いユーザーに受け入れられました。

DSC_9901

前後異径ホイールのルックスは、マニアックでもあり、愛らしくもありますね。2008年には販売を終了したトランジットライトですが、日常生活からポタリング、週末のスポーツライドまで幅広く使えるフォールディングバイクとして現在販売されているのが、CYLVA(シルヴァ)のF6FとF8Fです。

160625_f6f

F6F(税別44,800円)は外装6段モデル。2段階でロックする折りたたみ機構を持った、アルミフレームを採用しています。

160625_f8f

そしてF8F(税別59,800円)は外装8段のよりスポーティなバージョンです。どちらも、軽い車体と前後20インチホイールによる爽快な走りが魅力です。スポーツサイクルのパーツが使われているので、カスタマイズも楽しめそうですね。

リンク: CYLVA|BRIDGESTONE GREEN LABEL

リンク: 年代別グッドデザイン賞受賞商品 2000-2014|GOOD DESIGN HISTORY|ブリヂストンサイクル株式会社

カタログ写真提供:ブリヂストンサイクル、トランジットライトスポーツ写真提供:などかず(@nadokazu)

text_Gen SUGAI(CyclingEX


関連記事

コメント1件

  • 神尾 より:

    そろそろトランジット26Gスポーツの後継車が出て来て欲しい所ですが・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)