toggle
2016-08-19

ブリヂストンサイクル名車紹介:セリーヌのレザーと24K金メッキを使用した高級シティサイクル「シルエット セリーヌ」

1984年、ブリヂストンサイクルが発売した自転車「シルエット セリーヌ」は、その名のとおり、フランスのファッションブランド「セリーヌ」の許諾を得て開発された、高級シティサイクルです。

celine_001

以前紹介した「カマキリ」が3万円以下で購入できた時代に、30台限定、300,000円という価格で発売されました。

ただセリーヌの名前を冠しただけではなく、セリーヌの名に恥じない仕上がりとなっています。

celine_002

サドルやハンドルグリップ、そしてフロントボックスの外貼り/内貼りには、セリーヌのレザーが用いられています。

celine_004

チェーンケースのクランク付近(いわゆる目玉)も、レザーが貼られています。

そしていたるところが金色に輝いていますが、ハンドル、クランク、前後ブレーキキャリパー、前後ハブ、泥除けステーには、24Kメッキまで施されているのです。

celine_005

今見ると時代を感じさせるものではありますが、優雅なフレームと豪華な装備が魅力の「シルエット セリーヌ」を、今でも探している人はいらっしゃるようです。もっとも30年以上前にたった30台限定で発売された希少モデルであり、自転車店にあったしても非売品として展示されていることが多いようですが。

celine_003

そしてこの「シルエット セリーヌ」、フジテレビ系列の人気ドラマ「古畑任三郎」シリーズで、主人公の古畑任三郎が使用したことでも知られています。近年でも、再放送されるたびに話題になるようです。

text_Gen SUGAI(CyclingEX


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)