toggle
2016-11-11

bikkeのコーディネートパーツをVEGASに使ってみた!

ブリヂストンサイクルのファミリー向け自転車「bikke」は、純正オプションでカラーコーディネートができるのが特徴です。今回はこのオプションパーツをグリーンレーベルの「VEGAS」に使用して、簡単にイメチェンしてみました。

_dsc4604

これがノーマルのVEGAS。クリーム色のフレームに、ブラウンのサドルやグリップが付いています。これが、どんなふうに変化するでしょうか。

_dsc4636

今までのグリップを取り外していきます。今回はプロのメカニックに作業をお願いしました。

_dsc4660

bikkeの大人用モデルに用意されたオプションである、このカラフルなグリップき交換します。細かいことですが、右側にグリップシフトが付いているモデルの場合、短いグリップと長いグリップが1本ずつ必要です。

_dsc4671

bikkeの交換用グリップにはエンドキャップがないので(そもそもbikkeに付いているものを使う前提)、今回は適当なエンドキャップを見つけ出して使用しました。

_dsc4695

そして、サドルカバーも取り付けました。どうでしょう?

_dsc4691

だいぶ印象が変わりましたね〜。調子に乗って、他にもいろいろ試してみます。

_dsc4707

ブルー系統もいい感じ。

_dsc4723

ブルー系でも、サドルカバーをブルー×ブラックにしてみたり、いろいろなバリエーションが可能です。

_dsc4738

こちらのカラーはかなり個性的。

_dsc4751

しかし、自転車全体で見ると、案外どんな色も受け付けます。もちろんVEGASにもいろいろなフレームカラーがありますから、組み合わせはかなりの数になるでしょう。

また、荷物がいっぱい運べる「TOTEBOX SMALL」でも同じことができますよ。

リンク: VEGAS|BRIDGESTONE GREEN LABEL

リンク: SMALL|TOTEBOX|BRIDGESTONE GREEN LABEL

リンク: bikke|ブリヂストンサイクル

なお本家ビッケサイトではこんなシミュレーターもあります。 http://bikke-bikke.jp/gri/simulator/ グリップは2017年モデルから、グリップエンド一体型に少し仕様が変わりました。

text&photo_Gen SUGAI(CyclingEX)/Adviser_drawer


関連記事

コメント1件

  • […] リンク: bikkeのコーディネートパーツをVEGASに使ってみた! – BRI-CHAN […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)