toggle
2017-02-09

ブリヂストンサイクルが東京2020 オリンピック・パラリンピックに向けたレーシングチーム・サポート選手の体制を発表

ブリヂストンサイクルが、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目標とした、レーシングチームとサポート選手の体制を発表しています。

東京1964オリンピックが開催された1964年にブリヂストンサイクル自転車競技部の創設と共にスタートしアスリートを強化、サポートする活動は今年で54年目を迎え、東京2020オリンピック・パラリンピックが3年後に迫る中、当社としては自転車競技部(現:ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)の活動に留まらず、トライアスリートやパラリンピックを目指すアスリート、若手有望選手の発掘育成など幅広いサポートを行い、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目指します。

情報源: ブリヂストンサイクル株式会社 東京2020 オリンピック・パラリンピックに向けた レーシングチーム・サポート選手の体制発表|ニュースリリース 2017 |ブリヂストンサイクル株式会社

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 初山 翔選手に供給されるANCHOR RS9

チームとしては、例年通り「ブリヂストン アンカー サイクリングチーム」を運営。ロードレース、MTB クロスカントリー、トラック競技でオリンピック出場とメダル獲得を目指します。

また、ロードレースとトラック競技で若手育成を行なっている「EQADS(エカーズ)」と「Team Eurasia(チーム ユーラシア)」にも機材供給を行います。

その他の種目では、トライアスロンの上田 藍選手とBENSON Gordon選手(イギリス)をサポート。

上田 藍選手に供給されるANCHOR RS9

パラリンピック出場とメダル獲得を目指す、石井 雅史選手を始めとする日本を代表するメンバーにも、ブリヂストンサイクルが機材供給を行います。

トラック種目の選手に供給されるANCHOR TR9

また、国際オリンピック委員会(IOC)の最高位スポンサーである株式会社ブリヂストンが、「ブリヂストン中央研究所」で選手の動作を解析するなど、ブリヂストン全体で選手をサポート。例えば、トライアスロンでパラリンピック出場・メダル獲得を目指す谷 真海選手は、義足を使用している関係でペダリングに癖があるところを、ブリヂストン中央研究所のサポートを得て改善していくとのことです。

リンク: ブリヂストンサイクル株式会社

リンク: CHASE YOUR DREAM | 株式会社ブリヂストン

text_Gen SUGAI(CyclingEX


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)