toggle
2017-02-24

結婚するなら堅実な人!?「フルシマノ」クロスバイクの良さを乗って確認!

クロスバイクが欲しいと思ってお店に行ったりインターネット上で調べたりすると、実にたくさんのクロスバイクがあることがわかります。どれを買ったら良いのかわからなくなるほどですが、そんなとき、どこに価値を置くのか。その基準のひとつとして知っておきたいのが「フルシマノ」というキーワードです。

BRI-CHANでは昨年「フルシマノとは何か?どんな良いことがあるのか?」というテーマの記事を掲載しました。

クロスバイクがほしいと思ってインターネット上でさまざまな情報を見たり、実際に販売店に行ってみたりすると見聞きするのが「フルシマノ」という言葉です。「このクロスバイクはこの値段でフルシマノだから、良いよ!」といったような使われ方をします。でも「フルシマノって何?」「フルシマノってそんなに良いの?」と思っている人もいることでしょう。

関連記事: 自転車の達人に聞いてみた!「フルシマノってどういう意味? 何が良いの?」 – BRI-CHAN

フルシマノとは、変速やブレーキなどの主要パーツを、日本メーカーのシマノ製品で統一しているという意味。

そして今回、実際に「フルシマノ」のクロスバイクを3車種ピックアップして、フルシマノの良さを改めて確認してみました。

ブリヂストンサイクルの製品では、GREENLABELの中核車種である「CYLVA F24」がエントリー。

その評価は『結婚するならこの人……みたいな』……って、どういうこと!?

詳しくは、CyclingEXでご覧いただければ幸いです。

そんな「フルシマノ」のクロスバイクとして、BRIDGESTONE CYLVA F24(ブリヂストン・シルヴァ F24)、LOUIS GARNEAU TIREUR(ルイガノ・ティラール)、RITEWAY SHEPHERD CITY(ライトウェイ・シェファードシティ)という3台をピックアップし、フルシマノのポテンシャルを確認しつつ、3台のキャラクターの違いについてもチェックしてみました。

情報源: ビギナーにおすすめ!クロスバイク選びで失敗したくないなら「フルシマノ」でいこう【2017年モデル版】 – CyclingEX

text_Gen SUGAI(CyclingEX


タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)