ブリヂストンサイクル名車紹介:60周年記念モデルとして台数限定で発売されたクロモリ小径車「チッタ」

今から7年前の2010年は、ブリヂストンサイクルが創立60周年を迎える時期でした(創立記念日は10月3日)。60周年記念として、ニューモデルや限定モデルが発表されていたのですが、今回紹介する「citta(チッタ)」も、そんな記念モデルのひとつです。

ブリヂストンサイクル株式会社(社長:渡辺 恵次)は、創立60周年を記念し、大人の小径スポーツ車「チッタ」を2010年4月中旬より限定台数500台にて発売します。

「チッタ」は、ブリヂストンサイクルの60周年記念商品の第5弾にあたり、団塊世代を中心とした“休日を楽しくかっこよく過ごしたい”大人へ向けた、新しいスタイルのスポーツ車です。

情報源: 大人の小径スポーツ自転車 「チッタ」新発売|ニュースリリース 2010 |ブリヂストンサイクル株式会社

「団塊世代」と極めて限定的にしてしまうところは良くも悪くもブリヂストンサイクルだと思いますが、ごらんのとおり上品なシルエットの小径車でした。

細身のクロモリチューブを用いたフレームは、トップチューブをホリゾンタルデザインとしながらも、ヘッドチューブ付近でカーブを描くことでトップチューブの位置を低くし、またぎやすいものとなっています。

24インチというホイールサイズは、漕ぎ出しの軽さや取り回しの良さ、そして走りの良さを狙ってものもの。これよりホイールが大きいと小径車ではなくなってしまいますし、小径車らしいデザインと走行性能、扱いやすさをマッチさせる絶妙の設定と言えるのではないでしょうか。重量は10.4kgと、なかなか軽量な自転車でもありました。

500台限定で、当時の価格は99,800円(消費税5%込み)でした。

ちなみに現在のラインナップでスポーツ系の小径車というと、こちら。

「CHeRO(クエロ)」の20インチモデルですね。

クラシックテイストのクロモリフレーム採用モデルで(フロントフォークはハイテンスチール)、カスタムベースにして楽しまれている方もいるようです。

リンク: CheRO 20|chero|BRIDGESTONE GREEN LABEL

text_Gen SUGAI(CyclingEX) カタログ画像提供_ブリヂストンサイクル


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)