ブリヂストンサイクル名車紹介:キッズのための軽量なスポーツ自転車「レベナ」

2009年10月に創立60周年を迎え、翌年にかけていくつかの60周年記念モデルを発表していたブリヂストンサイクル。その第6弾として2010年に発表されたのは、キッズバイクでした。

発表当時のレベナ

その名は「LEVENA(レベナ)」。

情報源: 子どものための軽量スポーツバイク LEVENA(レベナ)新発売|ニュースリリース 2010 |ブリヂストンサイクル株式会社

子どものための自転車というと、見るからに子どもが好きそうなデザインであり、そして丈夫ではあるものの、場合によっては大人用の自転車よりも重たいといったこともありました。

当時のブリヂストンサイクルのキッズバイクは十分に軽量でしたが、それでも、5歳(体重20kg)の子どもが乗るモデルで(平均して)約12kgの重さ。子どもの力からすれば、重たい乗り物だったのです。

そんな中、レベナは7.9kgという軽さで登場しました。

スポーツサイクルのテクノジーを随所に投入し、シートチューブを排した軽量アルミフレームを採用することで、小さな子どもがお父さんといっしょに元気いっぱいに走り回ることができる、かっこいい自転車になりました。

2010年に発表されたレベナですが、8年経った今でも高品質で軽量なキッズバイクとして人気を保っています。

2018年7月現在のレベナ

当初はマットブラックだけだったカラーも、性別に関わらずレベナに乗れるように3色展開となり、チェーンケースの安全性を高めるなどアップデートが行われ、今でも多くの子どもたちとともに、元気に走り回っているのです。

レベナのタイヤサイズは18×1.5、適正身長範囲は106cm~121cm、価格は40,000円(税別)です。

リンク: レベナ 製品情報

text_Gen SUGAI(CyclingEX) カタログ画像提供_ブリヂストンサイクル


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)