サイクリングの思い出を動画で残そう!

今は、自転車のハンドルなどに搭載できる小型のカメラがいろいろと発売されています。今回は、BRI-CHANの執筆陣が実際に使用しているアイテムをご紹介。サイクリングの思い出を動画で残してみませんか?

●動画が撮れるサイクルコンピュータ「Xplova X5 Evo」— @nadokazuの場合

「Xplova X5 Evo」は、台湾の大手パソコンメーカーAcer社傘下のXplova社によるGPSサイクルコンピュータ。大画面のカラー液晶ディスプレイに加えて、HDビデオカメラを内蔵しているのが大きな特徴です。

動画撮影は本体のスイッチで手動操作するほかに、

・一定の距離を走ったら録画する
・一定の速度を超えたら録画する
・一定の斜度を超えたら録画する
・一定の心拍数を超えたら録画する

など、多彩な自動録画が可能です。

つまり自転車で走りに出かけて帰ってくると、自動的にそのライドのハイライト動画がたくさん録画できている、という状態になります。

また、スマートフォンとの連携も特筆すべきポイントです。専用のアプリケーションが用意されていて、録画した動画をスマートフォンに転送してより大きな画面で再生したり、撮影した動画に速度やケイデンスなどの走行データを表示させて、不要部分をカットしたり複数の動画をつなぎ合わせるなどの動画編集までこなすことができてしまいます。編集・保存した動画は、そのままSNSに投稿可能です。

記録した走行データを専用サイトや走行記録管理サービスのStravaなどにアップロードできるのはもちろん、スマートフォンの専用アプリで作成した走行マップを転送してナビゲーションできるなど、GPSサイクルコンピュータとしての機能にも抜かりはありません。

自転車への装着は本体に付属しているマウントのほかに、レックマウント社(https://www.rec-mounts.com/)から多彩なタイプの対応マウントが販売されています。

撮影された動画の品質は、さすがに専用のスポーツカムにはかないませんが、スマートフォンの画面で楽しむには十分だと言えるでしょう。

サイクルコンピュータとしての充実した機能の活用と、動画撮影・編集・再生までをパソコンなしの手軽さで楽しめる。そして何より、普段のサイクリングに「動画を撮る・見る」という面白さを上乗せしてくれるサイクルコンピュータ……それが「Xplova X5 Evo」なのです。

Xplova X5 Evo
価格:本体のみ 49,800円(税別)、センサーセット 67,240円(税別)

製品情報はこちら: xplova – X5 Evo

(などかず)

●手ぶれ補正の能力が高い「SONY HDR-AS300」— 須貝の場合

さて私・須貝がサイクリングの記録に利用しているカメラが、SONYの「HDR-AS300」です。

CYLVA F24のハンドルバーに、ちょこんと白い物体が載っているのがわかるでしょうか。

このAS300では、上位モデルのように4K動画の記録はできないものの、フルHDの撮影が可能です。そして高性能な手ぶれ補正機能もあるので、サイクリングの記録にはぴったりなのです。

サイクリングを記録するための、ハンドルバーマウントが純正で用意されています。このように、ハンドル上にスマートにカメラを設置可能です。

AS-300には、液晶ディスプレイがありません。「ライブビューリモコン」とのセットも発売されていますが、私はカメラ本体だけを購入しました。カメラ本体だけを購入した場合でも、スマートフォンとWi-Fi接続して専用アプリを用いることで、画角の確認ができるので、それほど不便を感じることはありません。

Macの「iMovie」で編集している画面

撮影した画像は、パソコンに取り込んで編集するもよし。

iPhoneの「iMovie」で編集している画面

もちろん、Wi-Fi経由でスマートフォンに取り込んで、スマートフォン上で編集することも可能です。

私はMac&iPhoneユーザーなので、どちらの環境でもApple純正の動画編集アプリ「iMovie」を使っていますが、SONYも純正の編集アプリをパソコン用、スマートフォン用ともに無償配布しているので、そちらを使うこともできます。SONYのパソコン用アプリですと、GPSの軌跡や速度などを動画に入れることもできます。

※本稿執筆段階ではSONYのアプリが最新のMac OS(Mojave)に対応していないので、その点だけ困っています。

↑こちらは、AS300で撮影した動画だけを使い、MacのiMovieで作成したものです。

↑そしてこちらは同じくMacのiMovieで作成していますが、AS300で撮影した動画に加え、自転車から降りてiPhoneで撮影した動画や静止画も使い、別途作成したBGMも付けた動画です。

動画を見ていただくとわかるのですが、やはり手ぶれ補正がとても効果的です。HD動画が撮影できるスポーツカムは何年も前からありますが、近年の手ぶれ補正の進化はすごいですね。

SONY HDR-AS300(本体)/AS300R(ライブビューキット)
価格:オープンプライス
直販価格はAS300が39,880円(税別)、AS300Rが54,880円(税別)
ハンドルバーマウントVCT-HM2は3,500円(税別)

製品情報はこちら: HDR-AS300/AS300R | デジタルビデオカメラ アクションカム | ソニー


そんなわけで、サイクリングを動画で記録できるアイテムとして「Xplova X5 Evo」と「SONY HDR-AS300」を紹介しました。

気持ちのよいサイクリング中の走行シーンや絶景を動画で記録すれば、後々に振り返って楽しんだり、みんなに見てもらうことができます。ぜひみなさんも、チャレンジしてみてください。

(Gen SUGAI)

text&photo_などかず(@nadokazu)、Gen SUGAI(CyclingEX


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)