toggle

自転車の達人に「クロスバイク乗りのための適切なサドル高」について聞いてみた

クロスバイクを購入する際、ショップでは乗り手に合わせたサドルの高さを設定してくれます。しかし、乗り慣れてくると、少し自分で調整してみたくなるもの。ところが、サドル高をいじり始めたら収拾がつかなくなって、いつまでたってもしっくりこない……ということも。

スポーツ自転車を楽しむ上でサドルの高さを適切にすることは重要だ

そこで今回は、リンケージサイクリング代表の田代恭崇さんに、最適なサドルの高さについてレクチャーしてもらいました。

続きを読む>

2016-12-16 | others, クロスバイク

チェーンじゃないとダメですか?——スポーティなベルトドライブと気軽に付き合える時代がやってきた

チェーンは自転車のアイコンのひとつと言っていいでしょう。チェーンが付いているから自転車だとは言い切れないにしても、自転車なら当然チェーンが付いているとたいていの人は思います。

kawakazu_img_4789

でも、そんなこと誰が決めたんでしょうか。チェーンじゃないとダメなんでしょうか。チェーンってそんなにいいですか。不良が振り回したりしたら怖いじゃないですか。いや、そういうことではなくて、足の力を効率よく車輪に伝えてくれるのであれば、かならずしもチェーンじゃなくてもいいのではないでしょうか。

続きを読む>

2016-12-09 | クロスバイク

大は小を兼ねない!? クロスバイクの「フレームサイズ」について知ろう

服にサイズがあるように、自転車にもサイズがあるのをご存知ですか? 今回はブリヂストン・グリーンレーベルの「CYLVA F24」を例に「自転車のフレームサイズ」について紹介します。どうしてサイズが設定されているのでしょうか。サイズによって自転車はどう異なってくるのでしょうか。

_dsc4837

というわけで、2台のCYLVA F24を用意しました。

続きを読む>

写真で見るBRIDGESTONE GREENLABEL:CYLVAシリーズ初のフラットバーロード「FR16」にはドロップハンドル化キットもあり!

「CYLVA D16」は、BRIDGESTONE GREENLABELの2017年モデルとして新たに追加された、フラットバーロードバイク。ロードバイクの軽快な走りを、フラットハンドルで気軽に楽しむことができます。オプションのドロップハンドルキットを使用して、後からドロップハンドルに組み替えることも可能です。

_dsc4473

  • 製品名 CYLVA FR16(シルヴァ FR16)
  • 価格 76,800円(税別)
  • 専用オプション:ドロップハンドルキット 20,000円(税別)
  • 製品情報 http://www.bscycle.co.jp/greenlabel/cylva/fr16.html
  • ※3年間盗難補償付き
  • 続きを読む>

    BRDIGESTONE GREENLABELに2017年モデルが登場

    ブリヂストンサイクルのカジュアルスポーツライン「BRDIGESTONE GREENLABEL」に、2017年モデルが登場しました。カラーチェンジだけでなく、ニューモデルも追加されています。また、CYLVA、MarkRosa、TOTEBOXで統一されたロゴが採用されているのもポイントです。

    f24_green_logo

    こちらはCYLVA(シルヴァ) F24の2017年モデルですが、ダウンチューブには従来のCYLVAロゴに替わって「BRDIGESTONE GREENLABEL」のロゴが入っています。このGREENLABELロゴが、各モデルに共通で採用され、より街の雰囲気になじむようになりました。

    それでは、2017年モデルの中から代表的なものを紹介しましょう。

    続きを読む>

    2016-09-09 | others, クロスバイク

    CHeROのクラシカルなイメージを決定づけるシフトレバー

    ブリヂストンサイクルの街乗りスポーツ自転車「CHeRO」は、クロモリフレームやレザーテイストのパーツによるクラシカルなスタイルが特徴です。しかし、CHeROがクラシカルなのはスタイルだけではありません。

    DSC06217

    こちらが、CHeROの700Cモデル。フレームのダウンチューブと呼ばれるところに付いている、あるパーツに着目します。

    続きを読む>

    写真で見るBRIDGESTONE GREENLABEL:シティサイクル的な使い勝手を併せ持つクロスバイク「ordina S3F」

    ordina S3Fは、27型のシティサイクルと同じタイヤサイズを採用し、泥除けやスタンドが標準装備された、実用性の高いクロスバイク。日常の使い勝手に優れているだけでなく、クロスバイクらしい走りの良さも魅力です。今回はそんなordina S3Fのディティールを見ていきましょう。

    DSC06404

    軽くて丈夫なアルミフレームを採用するordina S3F。クロスバイクに「これが必要だ」「これがあったらいいな」と思うような装備はひととおり付いているので、お得感があります。

  • 製品名 ordina(オルディナ) S3F
  • 価格 54,800円(税別)
  • 製品情報 https://www.bscycle.co.jp/greenlabel/ordina/s3f.html
  • ※2017年モデルで製品情報URLが変更になっています http://www.bscycle.co.jp/greenlabel/ordina/ordina_s3f.html
  • 続きを読む>

    自転車で片道10kmちょい走ってみた — 高田馬場から浅草までのショートトリップ

    シティサイクルでちょっと遠くまで足を伸ばしてみたり、初めて買ったスポーツサイクルでそれまで走ったことがないような距離を走ってみたり。そんな「自転車でちょっと遠出してみる」の最初のボーダーラインは、片道10kmではないでしょうか。


    CHeRO 700Cで、神田川沿いのサイクリングを楽しむ。

    いざ走り出してみればわかりますが、マイペースで走れば片道10kmという距離はなんなくクリアすることができます。そして、首都圏で片道10kmも走れば、実にさまざまな風景を見ることができるのです。というわけで、7月のある週末、自転車で片道10kmちょいのポタリングに出かけてみました。

    続きを読む>

    1 2 3 4