toggle

かわいい!便利!乗りやすい!「小さなマークローザ」がやってきました

ブリヂストンサイクルから「マークローザ mini」をお借りして、しばらく乗ることになりました。

MARKROSA mini(MARKROSA M7)

今回お借りしたのは2016年モデルで、現在は2017年モデルが「マークローザ M7」として発売されていますが、基本的には同じ自転車です。

続きを読む>

羽田空港の近くまで、自転車と飛行機の写真を撮りに出かける。

写真が好きなので、いろいろな被写体を撮っていますが、中でも飛行機は好きな被写体のひとつです。野鳥みたいに近づいても逃げませんし、何より空港の近くに行きさえすれば、確実に撮れるところが素晴らしすぎます。

そんなわけで、今日は「自転車の背景に飛行機が写った写真を撮ろう」と思い立ちました。

目的地は多摩川河口にある、浮島町公園。羽田空港に着陸する飛行機が目の前を通過していく、有名な撮影ポイントです。200~300mm程度の望遠レンズがあれば、飛行機がアップで撮れます。

dsc_6810

続きを読む>

ミニベロ「CHeRO 20」で秋の三浦半島を海沿いサイクリング

dsc_3666_top

秋。暑くもなく、寒くもない。つまり、自転車に乗るには最高の季節。

そんな季節の晴れた日曜日、手元にはブリヂストンサイクルからお借りしたオシャレミニベロ、CHeRO(クエロ)の20インチモデルが到着しています。これは、走りに行かないわけにはいきません。ちなみに今回お借りしたCHeROのフレームカラーは、落ち着いたブラウン(正式名称はビターブラウン)。前回お借りしたイエローもよかったけど、こっちもイイ色です。

さて、そんなCHeROと今日は三浦半島を「海沿いサイクリング」することにしました。わたくし、流行りモノにはしっかりのっかっていくタイプですので!(編集部注:執筆者の@nadokazuはTVアニメ「ろんぐらいだぁす!」の影響を受けています)

まずは、京急の浦賀駅まで輪行するところからスタートします。電車を使って走りに行けると本当に世界が広がるので「クイックリリースで(工具無しで)前後のホイールが簡単に外れる」というのは、自転車生活を楽しむための必須条件だと思います。

dsc_3581

続きを読む>

「CYLVA F8F」の走りを確かめつつ里山に向かったら、思いの外「スポーツ」していた!

当初はクロスバイクのみだったブリヂストン・グリーンレーベルのラインナップに、少し遅れて登場したフォールディングバイク(折りたたみ自転車)の、CYLVA F8F。フィットネスライドを意識したCYLVAシリーズの一員だけあって、コンパクトながらスポーティなたたずまいです。そんなF8Fに乗って、秋の雰囲気が出てきた郊外の里山に向かってみました。

_dsc4377

以前「写真で見るGREENLABEL」シリーズで紹介し、その後もライター・佐藤旅宇さんが2回に渡ってサイクリングに連れ出した、CYLVA F8F。私もしばらく借りて乗って見たかったのですが、8月以降の相次ぐ台風襲来や秋雨前線の停滞で、なかなか乗るチャンスがやってきませんでした。

続きを読む>

写真で見るGREENLABEL:かわいいルックスと小気味良い走りの「MarkRosa mini」

シンプルで程よくスポーティな街乗り自転車が「MarkRosa(マークローザ)」シリーズ。その中で、20インチの小さなホイールとまたぎやすいスタッガードフレームを採用しているのが「MarkRosa mini」です。

dsc07043

  • 製品名 MarkRosa mini(マークローザ ミニ)
  • 価格 43,800円(税別)
  • ※2017年モデルで製品名が「MarkRosa M7」となりました。詳細はコチラ
  • 続きを読む>

    700C vs. 20インチ!? 車輪が小さい自転車はたくさん漕がないといけないのか、実際に確かめてみた

    車輪が小さくてかわいい小径車(ミニベロ)や折りたたみ自転車。しかし、車輪が小さいということは、「ペダルひと漕ぎで進む距離が少ないのでは?」「たくさん漕がないと進まないのでは?」と心配になる人も多いことでしょう。

    左が700Cの「CYLVA F24」、右が20インチの「CYLVA F8F」

    ちょうどCYLVA F8Fをお借りした際に、この疑問をブリヂストンサイクルの担当者にぶつけてみたところ「そんなことありません、CYLVA F8Fをはじめとするブリヂストンの小径車や折りたたみ自転車は、車輪は小さいけどよく進むんです!」と、胸を張ります。

    果たして本当でしょうか? ここは実際に、ペダルひと漕ぎで進む距離を、測ってやろうじゃありませんか。

    というわけで押しかけました、埼玉・上尾のブリヂストンサイクル本社。そして700Cのクロスバイク「CYLVA F24」と、20インチのフォールディングバイク「CYLVA F8F」も用意していただきました。

    続きを読む>

    ブリヂストンサイクル名車紹介:軽さと走りの良さで人気だったフォールディングバイク「トランジットライト」

    1990年代後半からブリヂストンサイクルが展開しているフォールディングバイクの製品群ブランドが「TRANSIT(トランジット)」。現在は1モデルのみですが、かつては街乗りモデルからスポーティーなモデルまである比較的大きなファミリーでした。

    transit_light_001

    そんなトランジットシリーズの中でも人気が高かったのが、2001年に登場した「トランジットライト」というモデルです。

    transit_light_2002

    続きを読む>

    CYLVA F8Fで「サイクリング」と「ポタリング」を一緒に楽しむ!

    サイクリングとポタリングをシームレスに楽しめる、それがCYLVA F8Fの素晴らしいところだと思っている。コンパクトな折り畳み小径車でありながら、サイクリストのホンキの走りにもしっかり応えてくれる走行性能を備えているからだ。というわけで、今回はそんなCYLVA F8Fの美点を活かしたツーリングをしてみることにした。

    DSC_8289

    まずは自転車をクルマに積み込み、自宅がある神奈川県相模原市から夢の島公園へ。ここの駐車場にクルマをデポし、荒川河川敷道路(いわゆる荒川サイクリングロード)を北上する。ちなみに荒川河川敷道路の起点がある葛西臨海公園にも駐車場はあるが、こちらの方が料金がやや高い。

    続きを読む>

    1 2 3