徹底比較!CYLVA F6FとF8Fはココが違う

BRIDGESTONE GREEN LEBEL(ブリヂストングリーンレーベル)の中でもスポーティな性格をもつシリーズ「CYLVA(シルヴァ)」。その中核モデルはクロスバイクですが、フォールディングバイク(折りたたみ自転車)も人気があります。

現在、CYLVAシリーズに用意されているフォールディングバイクは「F6F」と「F8F」の2モデルです。

CYLVA F6F

●CYLVA F6F
価格:44,800円(税別)

CYLVA F8F

●CYLVA F8F
価格:59,800円(税別)

フレームは同じものを使用しているので、当然見た目もほとんど同じである、F6FとF8F。価格が違うのでスペック面での違いがあるのはもちろんのこと、それぞれ得意とするシチュエーションがあります。

そんなわけで、今回はCYLVA F6FとF8Fの違いについて徹底比較してみました。

先にも触れたとおり、F6FとF8Fは同じフレームを使用しています。少し離れたところから眺める限りは、両者の違いはわかりません。

近づいて観察したときまず気づくのが、前輪を保持しているフロントフォークの違いです。F6Fはスチール製のフロントフォークなのに対して、F8Fは軽量でサビにくいアルミ製フォークを採用しており、軽快な走行性能にひと役買っています。

F6FとF8Fのモデル名に入っている数字は、変速段数を表しています。つまりF6Fは6段変速、F8Fは8段変速です。また、変速の方法も異なっています。F6Fは右側グリップの根本を回す「グリップシフト」で、直感的な操作が可能。一方のF8Fは2本のレバーがあり(写真では1本グリップに隠れてしまっていますが)、慣れれば素早い変速操作が可能です。

また、グリップにも注目。F8Fは手になじみやすいエルゴノミック形状が採用されています。

前後のギアを見比べてみましょう。どちらもフロントギアは変速がありません。ギアの歯数は同じで、かつどちらもチェーンガード付きですが、F8Fのほうが見た目に高級感はあります。

リアディレイラー(後ろの変速機)は、F6Fが6段変速で、F8Fが8段変速。もう少し詳しいことを言いますと、F6Fのリアスプロケット(ギア歯)は14-28T、F8Fのほうは11−30Tというものを採用しています。この数字は歯数を表していて、数字が小さいほど重たいギア、そして数字が大きいほど軽いギアです。F8Fのほうが、軽いギアから重たいギアまで、幅広くカバーしています。

ペダル1回転で進む距離を比較すると、以下のようになります。

F6F 1速:2.86m、4速:4.45m、6速:5.72m
F8F 1速:2.60m、4速:3.90m、8速:7.10m

ブレーキは、どちらも「Vブレーキ」と呼ばれるタイプで、フロントブレーキにはブレーキが効き過ぎるのを防ぐ「パワーモジュレーター」が備わる点も同じ。F6Fのブレーキでも効きは十分ですが、F8Fのほうがグレードの高いブレーキを採用しています。

サドルは共通です。CYLVA専用設計で、サドルにかかる荷重を分析し、スポーティーでありながらお尻が痛くなりにくく、しかもペダリングの際に太ももが擦れにくいのが特徴です。

ホイール(車輪)の径はどちらも20インチですが、タイヤ幅はF6Fが幅37mm、F8Fが幅33mmという違いがあります。F6Fのタイヤは適度な太さがあり、ホイールが小さいフォールディングバイクの中では比較的優しい乗り心地。一方F8Fは、軽量なアルミフォークとも相まって、シャープな乗り味を特徴とします。

タイヤに空気を入れるためのバルブ形状も、F6FとF8Fとでは異なっています。

F6Fは日本のシティサイクルでおなじみの「英式」バルブです。一方F8Fは、細めのタイヤと高めの空気圧に対応するために、スポーツサイクルでよく使われる「仏式(フレンチ)」バルブを採用しています。なお、F8Fには英式バルブアダプターが付属しているので、英式の空気入れしか持っていなくても安心ではあります。

折りたたみ機構は、もちろん共通です。シンプルかつ、安全性が高い構造が特徴です。

スペック比較のラストに、重量について触れておきましょう。

F6F 重量:12.4kg
F8F 重量:11.6kg

このように、F6FよりF8Fのほうが0.8kg軽くなっています。

CYLVA F6F

では、F6FとF8F、乗り比べてみると、どうでしょうか。筆者の印象を記しておきます。

F6Fはマイペースで移動するのに向いているフォールディングバイクと言えるでしょう。この「マイペース」は決して「のんびり」という意味ではありません。街中をキビキビと走り、気持ちよくクルージングすることができます。この価格帯のフォールディングバイクとしては一般的か少し軽いくらいの重量ですし、各部がかっちりとした印象もあります。以前に別の記事でも紹介しましたが、日々の移動手段としてはもちろん、趣味的なフォールディングバイクの入門モデルとしても、ぴったりです。

関連記事: フォールディングバイク好きが感じたCYLVA F6Fの魅力 – BRI-CHAN

そしてF8Fは、F6Fが持っているかっちり感や扱いやすさはそのままに、軽さやシャープさを得ているのが特徴です。F6Fでもスピードを上げていくと「お、意外と速いな」と思わせますが、F8Fはさらにそこからもうひと伸びして、スポーツサイクルらしい爽快感を味わうことができます。ただし、アルミフォークと細めのタイヤにより、F6Fと比較すると乗り心地は少しハードな感じがします。

さあ、あなたはどちらの「F○F」にしますか?

●CYLVA F6F
価格:44,800円(税別)

●CYLVA F8F
価格:59,800円(税別)

リンク: ブリヂストン グリーンレーベル | 自転車 | ブリヂストンサイクル株式会社

text&photo_SUGAI Gen(CyclingEX) 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)