TEAM BRIDGESTONE Cyclingも走った自転車レース「2018 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ」を観戦した

毎年5月、日本で開催されている自転車レース「ツアー・オブ・ジャパン」。複数の日程にまたがって行われる「ステージレース」です。その最終日、東京の大井埠頭で開催されたステージを観戦し「TEAM BRIDGESTONE Cycling」も見てきました。

2017年シーズンまでは「TEAM BRIDGESTONE ANCHOR」というチーム名で、使用するバイクはANCHOR(アンカー)、そしてジャージにもANCHORのロゴが入っていました。

しかし、ワールドワイドオリンピックパートナーであるブリヂストンの、グループとしての一体的な取り組みということで、2018年から新たなチーム名となり、バイクのロゴは「BRIDGESTONE」となり(BRIDGESTONE ANCHORブランドがなくなったわけではない)、ジャージのデザインも変わりました。

そんな新体制となって初めての、ツアー・オブ・ジャパン。

観戦レポートそのものは「CyclingEX」の記事をごらんいただくとして、こちらではTEAM BRIDGESTONE Cyclingの様子を簡単に紹介しておきます。

3人の選手が先行していて、それを追うメイン集団の写真です。その前から4人目に、TEAM BRIDGESTONE Cyclingの堀孝明選手。

ウェアのサイドに入った「B」マークがなかなか目立っていますね。

この日のステージまでリタイヤせずに残った4人の選手が、1列棒状になった集団内で縦に並んでいたのがこのシーン。一目見てどこのチームかすぐわかります。

チームカーも目立っていました。マットブラックのスバル・レヴォーグ、かっこいい!

大井埠頭の道路を14周するレースだったので、なんども選手やチームカーの姿を見ることができました。

レースのリザルトや総合をはじめとする各賞の情報は、公式サイトでどうぞ。

リンク: Tour of Japan Official Website

リンク: TEAM BRIDGESTONE Cycling Official Blog

関連記事: 2018 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージを観戦してきた – CyclingEX

text&photo_Gen SUGAI(CyclingEX

9件のコメント

  1. ●読者の皆様へ

    コメントありがとうございます。

    本サイト「BRI-CHAN」は、ブリヂストンサイクル株式会社が運営するものではございません。BRI-CHANは、ブロガーやライターで構成される編集部が製作し、運営事務局が運営を担っています。本サイトは「ブリヂストンサイクルのファンサイト」をテーマとしており、その活動はブリヂストンサイクル株式会社の協賛と協力を得ておりますが、編集部は協賛社や運営事務局から独立した編集権を有しています。

    本サイトの記事へのお問い合わせは、下記リンク先をご参照の上、CyclingEX・須貝までお送りください。

    リンク: このサイトについて – BRI-CHAN

    ブリヂストンサイクル様へのお問い合わせは、ブリヂストンサイクル様に直接お送りいただければ幸いです。

    リンク: お問い合わせ | ブリヂストンサイクル株式会社

    その他、紹介している製品やサービスについてのお問い合わせは、各提供元企業様へ直接お願いいたします。

    BRI-CHAN 編集部 須貝弦(CyclingEX

ただいまコメントは受け付けていません。