toggle
2017-06-02 | history

ブリヂストンサイクル名車紹介:カジュアルでちょっとスポーティ、身のこなしが軽いベルトドライブモデル「MARiPOSA」

カジュアルで程よくスポーティな自転車をラインナップしているブリヂストンサイクルの「GREENLABEL」ですが、その前夜とでも言いましょうか、同社は「Relaxy Bike(リラクシーバイク)」というラインを展開していました。GREENLABELの1モデルである「VEGAS(ベガス)」は、そのRelaxy Bike時代から続いている製品です(関連記事)。

そして今回紹介するのは、Relaxy Bikeの代表的な製品のひとつであった「MARiPOSA(マリポーサ)」です。

2007年に登場した初代MARiPOSAは、女性ユーザーのための、いわゆる「ママチャリ」ではなくカジュアルで少しスポーティな自転車として登場しました。26型の「MARiPOSA」と20インチの「MARiPOSA mini」がありました。

続きを読む>

ブリヂストンサイクル名車紹介:もう一度自転車に乗ろう——そんな気持ちに応えた大人のためのスポーツサイクル「abios」

若い頃にロードマンでサイクリングを楽しんでいたような大人が、もう一度、風を切って颯爽と走るよろこびを味わいたい……そんなときに最適な自転車は何でしょうか。2004年にブリヂストンサイクルが出した答えのひとつが、今回紹介する「abios(アビオス)」でした。

続きを読む>

ブリヂストンサイクル名車紹介:10年以上愛され続けるロングセラー「VEGAS」

コンパクトな車体とほどよくゆったりとした乗車姿勢、そして20インチの小径車ながら乗り心地が良いことが特徴の「VEGAS(ベガス)」。GREENLABELの一員であるこのVEGASですが、10年以上販売されているロングセラーでもあります。

こちらは2006年モデルのカタログ。当時は「Relaxy Bike」というラインがありまして、その一員でした。

続きを読む>

2017-02-17 | history

ブリヂストンサイクル名車紹介:ブリヂストンの情熱を街乗りにも!「SLUGGER」と「CROSSFIRE」

シティサイクルや電動アシスト自転車で豊富なラインナップを誇る、ブリヂストンサイクル。一方で、レースや本格的なスポーツライドを目的としたレーシングブランドとして「ANCHOR(アンカー)」があるのはご存知のとおり。では、両者の間を取り持つ自転車はなんでしょう。

今であれば「GREENLABEL」、中でもCYLVA(シルヴァ)やCHeRO(クエロ)あたりがそのポジションを担っていると言えるでしょう。

リンク: BRIDGESTONE GREEN LABEL

そして、GREENLABELが登場する以前、今から16年ほど前にその役割を果たしていたのが、今回紹介する「SLUGGER(スラッガー)」と「CROSSFIRE(クロスファイヤー)」でした。

SLUGGERは、街乗りをターゲットとしたスポーツ自転車としては、本格的で高級なラインナップであったと思います。イメージリーダーは上の画像のロードバイク「SR1200」。アルミフレームにシマノ・ティアグラのトリプル仕様を搭載し、タイヤは700×23C。価格は128,000円(税別)でした。

続きを読む>

ブリヂストンサイクル名車紹介:30年前の雪国仕様車「OSLO」

雪国では冬季に営業を休止する自転車店もあるくらい、自転車にとって雪道は難敵です。しかし、かつてブリヂストンサイクルから雪国仕様の自転車が発売されていたのをご存知でしょうか。

oslo_004

それが、この「OSLO(オスロ)」です。

続きを読む>

ブリヂストンサイクル名車紹介:セリーヌのレザーと24K金メッキを使用した高級シティサイクル「シルエット セリーヌ」

1984年、ブリヂストンサイクルが発売した自転車「シルエット セリーヌ」は、その名のとおり、フランスのファッションブランド「セリーヌ」の許諾を得て開発された、高級シティサイクルです。

celine_001

以前紹介した「カマキリ」が3万円以下で購入できた時代に、30台限定、300,000円という価格で発売されました。

続きを読む>

ブリヂストンサイクル名車紹介:1980年代に街を席巻した「カマキリ」

1980年代のブリヂストンサイクル、そしてこの年代のシティサイクルを代表するモデルのひとつが「カマキリ」です。1980年に発表されたこの自転車は、大胆なアップハンドルとシンプルなデザインで人気モデルとなり、他社にも大きな影響を与えました。

kamariki

続きを読む>

ブリヂストンの「ものづくり」と「走り」への情熱を街乗りにも!RATIO &Cだけで手に入る「BRIDGESTONE NEOCOT」

ブリヂストンサイクルが東京・青山にて展開しているカフェ併設のコンセプトストア「RATIO &C(レシオ・アンドシー)」。ここで販売されているクロモリフレームのシティバイクが「BRIDGESTONE NEOCOT」です。

DSC05202

レシオ・アンドシーで扱っている自転車は「BRIDGESTONE NEOCOT」のみ。そして、BRIDGESTONE NEOCOTを買うことができるのは、レシオ・アンドシーだけという、ちょっと特別な自転車なのです。このBRIDGESTONE NEOCOT、ブリヂストンサイクルの由緒正しいフレームをベースとしていることをご存知ですか?

続きを読む>

1 2