ANCHOR RP9の先祖!? エアロデザインのオールラウンダー「ARCP」と初代「RHM9」

ブリヂストンのスポーツバイクブランド「ANCHOR(アンカー)」から、2022年モデルとして新たに「RP9」が発表されました。エアロ性能も高めた、オールラウンドなレーシングバイクです。ところで、今から20年以上前にもANCHORから「エアロ性能を高めたオールラウンダー」があったのをご存知ですか?

photo_ブリヂストンサイクル

ANCHORが世界を相手に戦うトラックバイク(トラック競技向けバイク)の開発で得たノウハウを存分に投入し、空力・剛性・重量のバランスを高めて「ステージレースを1台で戦える」バイクに仕上がった、新型RP9。

リンク: RP9 | ALL LINE UP | アンカー | ブリヂストンサイクル株式会社

今回の記事では、その先祖とも言える過去モデルを紹介します。

ARCP

まずは、ANCHORで初のカーボンモノコックフレームとして1999年に登場した「ARCP」です。

今回紹介しているカタログ画像は、2000年モデルのものです。ANCHOR初期のフラッグシップモデルとして記憶に残っている方、そして「乗っていた」というベテランライダーもいらっしゃるのではないでしょうか。

ショック吸収性能の高さ、加速性能の高さはもちろん、風洞実験のデータをもとに設計されたエアロデザインも大きな特徴でした。

当初はスレッドフォークということもあり、今改めて見ると時代を感じさせる部分は多々あります。しかし、全体的なシルエットを見ると、昨今のエアロロードや、エアロ性能を重視しオールラウンダーと謳うロードバイクにも通ずるものがあります。

フレームの剛性感が「ミディアム」と「ライト」から選べたり、フロントフォークもベント形状とストレート形状が用意されていたのも特徴。

チームブリヂストン・アンカーが使用し、藤野智一さんが1999年の全日本選手権を制したほか、当時は「日本鋪道-ベッソンシューズ」にも供給されていました。

ARCPはその後モデル名を「RCP」としたり、アヘッド化されたりとマイナーチェンジが行われています。そのモデルライフの間、全日本選手権やツール・ド・北海道の勝利バイクとなりました。

RHM9

2003年モデルで、ANCHORのカーボンフレームは大きく進化します。初代「RHM9」の登場です。

フレームのトップチューブが後方へ下がっていく「スローピング」デザインとなった点が目につきますが、使用されるカーボン素材はHM(ハイモジュラス)カーボンとなり、より軽く、高剛性になりました。インテグラルヘッドも採用されて、ヘッド周りがすっきりしています。

当時のカタログ写真を見ると、やはり採用されているパーツに時代を感じさせますが、フレームは現在の製品に通ずるものがあります。

4種類のレーシングカラーが用意されていました。ブラック/レッド/ホワイトのレーシングブラックは、ブリヂストンのイメージカラーですね。そして、この2003年モデルのみ、ゴールドの限定カラーがありました。筆者の記憶が正しければ、藤野智一さんが引退するときに乗っていたカラーです。

この初代RHM9は、2006年モデルまで継続されました。その後登場した2007年モデルでは2代目にモデルチェンジし、エアロ形状ではなくなっています。


さて、改めてRP9。

photo_ブリヂストンサイクル

すでに国内のレースではチーム ブリヂストン サイクリングの活躍により勝利バイクとなっており、今後もどれだけ勝利を挙げられるのか注目です。そして、シマノの新型アルテグラを搭載した完成車なら660,000円(税込)で手に入るということもあり、アマチュアレースでの活躍にも期待したいですね。

リンク: RP9 | アンカー | ブリヂストンサイクル株式会社

text_Gen SUGAI(CyclingEX) カタログ写真提供_ブリヂストンサイクル


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。