toggle
2017-02-09 | others

ブリヂストンサイクルが東京2020 オリンピック・パラリンピックに向けたレーシングチーム・サポート選手の体制を発表

ブリヂストンサイクルが、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目標とした、レーシングチームとサポート選手の体制を発表しています。

東京1964オリンピックが開催された1964年にブリヂストンサイクル自転車競技部の創設と共にスタートしアスリートを強化、サポートする活動は今年で54年目を迎え、東京2020オリンピック・パラリンピックが3年後に迫る中、当社としては自転車競技部(現:ブリヂストン アンカー サイクリングチーム)の活動に留まらず、トライアスリートやパラリンピックを目指すアスリート、若手有望選手の発掘育成など幅広いサポートを行い、東京2020オリンピック・パラリンピックでのメダル獲得を目指します。

情報源: ブリヂストンサイクル株式会社 東京2020 オリンピック・パラリンピックに向けた レーシングチーム・サポート選手の体制発表|ニュースリリース 2017 |ブリヂストンサイクル株式会社

続きを読む>

2017-02-03 | ミニベロ

CHeRO 20で新しい世界へ!? 意外と峠越えもいけちゃうミニベロだった!

秋に三浦半島を海沿いサイクリングして、CHeRO 20がただの「オシャレなシティサイクル」ではなく、本格的なツーリング性能を持った自転車だということがわかりました。そうなると、ブリヂストンがこの自転車をどこまで本気で作っているのか。CHeRO 20を、もっと厳しいステージで試してみたくなってしまいました。

というわけで、今回は神奈川県秦野市にあるヒルクライムのメッカ、ヤビツ峠へ。

秦野駅付近の駐車場までは自家用車輪行して、まずはスタート地点である名古木(ながぬき)交差点のコンビニへ。ボトルに水を補給して、途中で脚を攣ってリタイアしてしまわないように予防の漢方薬を飲んでおきます。

続きを読む>

写真で見るTB1:高校生の通学を第一に考えたクロスバイク

ブリヂストンサイクルが2016年12月に発売した「TB1」は、高校生の自転車通学に特化したクロスバイクです。「通学にクロスバイクを使いたい」という声に応え、かつ実際に毎日の通学で使用する自転車に必要なタフネス性能や実用性を持たせたクロスバイクです。

  • 製品名 TB1
  • 価格 43,800円(税別)
  • 製品情報 http://www.bscycle.co.jp/products/result/result1.html?bcd=80&bf=1
  • ※3年間盗難補償付き
  • 続きを読む>

    「MarkRosa mini」でカフェへサイクリング

    お天気の良い昼下がり、近所より少し遠いカフェまで「マークローザ mini」(現在のモデル名はMarkRosa M7)で出かけてきました。

    目的地のカフェまでは、片道4.5キロ程の距離。歩いていくにはちょっと遠いけど、車だと駐車場の場所や道路が混んでる場合も、自転車で移動するのがベストではないでしょうか。川沿いのサイクリングロードを経由できるような場所なら、信号も少なくて走りやすいです。

    続きを読む>

    自転車の達人に「クロスバイク乗りのための適切なサドル高」について聞いてみた

    クロスバイクを購入する際、ショップでは乗り手に合わせたサドルの高さを設定してくれます。しかし、乗り慣れてくると、少し自分で調整してみたくなるもの。ところが、サドル高をいじり始めたら収拾がつかなくなって、いつまでたってもしっくりこない……ということも。

    スポーツ自転車を楽しむ上でサドルの高さを適切にすることは重要だ

    そこで今回は、リンケージサイクリング代表の田代恭崇さんに、最適なサドルの高さについてレクチャーしてもらいました。

    続きを読む>

    冬はフォールディングバイクで小田原散策へ。絶景のカントリーロードを発見!?

    ジメジメした気候が大嫌いの筆者にとって、さむーい冬のサイクリングはまんざらでもない、というか、かなり好きだ。ペダルを漕げば寒いのなんて最初だけですからね。走れば走るほど体が冷える冬のオートバイツーリングとはそこが大きく違うと思うのです(あれはあれで別の楽しみがありますが)。という訳で、冬のある日、CYLVA F8Fをクルマに積んで行き当たりばったりのサイクリングに出かけてきました。

    <text&photo_RYO SATO>

    続きを読む>

    2016-12-23 | メンテナンス

    水不要の万能クリーナー「Green Drive Waterless Multi Cleaner」で自転車をきれいにしよう!

    あと1週間ほどで2016年も終わり。1年のしめくくりに、毎日使ってきた自転車をお掃除してみてはいかがでしょう。今回は、自転車をきれいにしたいときにぴったりな、ブリヂストンサイクルの「Green Drive Waterless Multi Cleaner」を紹介します。

    grenndrive_wmc

    こちらがその、Green Drive Waterless Multi Cleanerです。洗浄したい場所に泡を吹き付けて拭き取るだけの、簡単なクリーナーで、ノンシリコーンタイプのためブレーキ周りにも使用できます。有機溶剤を含んでいないので、フレーム塗装やパーツ表面を痛めにくいのも特徴です。

    容量420ml、価格は1,000円(税別)となっています。

    続きを読む>

    2016-12-16 | others, クロスバイク

    チェーンじゃないとダメですか?——スポーティなベルトドライブと気軽に付き合える時代がやってきた

    チェーンは自転車のアイコンのひとつと言っていいでしょう。チェーンが付いているから自転車だとは言い切れないにしても、自転車なら当然チェーンが付いているとたいていの人は思います。

    kawakazu_img_4789

    でも、そんなこと誰が決めたんでしょうか。チェーンじゃないとダメなんでしょうか。チェーンってそんなにいいですか。不良が振り回したりしたら怖いじゃないですか。いや、そういうことではなくて、足の力を効率よく車輪に伝えてくれるのであれば、かならずしもチェーンじゃなくてもいいのではないでしょうか。

    続きを読む>

    1 2 3 4 5 6 10