ブリヂストンのクロスバイク「XB1」と「TB1」はどう違う?

ブリヂストンから発表された新型クロスバイク「XB1」。今回はそのXB1と、同じくブリヂストンから発売されているクロスバイク「TB1」の違いを紹介します。

CYLVA F24の後継モデルとして登場したXB1ですが、ブリヂストンのラインナップを見ると他にもいくつかクロスバイクがあります。

その中でも、とくにXB1と価格が近く見た目も似ているのが「TB1」です。この両者がどう違うのかは、自転車に詳しい人でないとわからないのではないでしょうか。今回は2台を細かく比べてみたいと思います。

以下、オレンジの車体が「XB1」、ブラックの車体が「TB1」です。

全体像とデザイン

まず、全体像を見比べてみます。どちらもクロスバイクとしてはオーソドックスなフレームの形状をしています。この2台が自転車店の店頭に並んでいたら、ぱっと見で違いを言い当てるのは難しいでしょう。

XB1もTB1も、フレームに大きく「BRIDGESTONE」のロゴを配置しています。

タイヤ

左:TB1 右:XB1

実は、XB1とTB1とではタイヤサイズが異なります。

タイヤの径はXB1が700C、TB1が27インチ。表記の方法が異なりますが、700Cはスポーツ自転車、とくにクロスバイクやロードバイクで主流のサイズです。一方27インチは、サイズが大きめのシティサイクルに多いもの。両者を比較すると、TB1のほうが少しだけ径が大きいホイールです。

タイヤは、パターンこそ異なるものの、XB1もTB1も丈夫でパンクに強いものが使われています。

チューブのバルブ

タイヤ周りでもうひとつ大きく異なるのが、チューブのバルブです。XB1は本格的なスポーツ自転車に多い「仏式(フレンチ)バルブ」、TB1はシティサイクルで一般的な「英式バルブ」を使用しています。

なお、XB1には仏式から英式へ変換する「英式バルブアダプター」が付属しています。

サドル

XB1のサドルとTB1のサドルを見比べると、XB1のほうが薄いのがわかります。スポーツ自転車らしく、ペダリングしやすい形状です。スポーツ自転車のサドルとしては快適性が高く、普段着でも乗ることができます。

一方のTB1は、シティサイクルのサドルを少しスポーティにした——といったような印象で、XB1のサドルよりはクッション性が高く柔らかめです。

ペダル

ペダルは、XB1もTB1も、ごくごくふつうの樹脂製のものが使われています。

フロントギア

フロントギアは、大きく異なります。

XB1はフロントギアが3枚装備されていて、ギアチェンジすることで急な上り坂から平坦な道まで幅広いシチュエーションに対応します。

TB1はフロントギアが1枚しかありません(いわゆる「フロントシングル」)。ギアの選択肢という意味ではXB1のほうが上です。ただ、「1枚しかないほうがわかりやすくてよい」という人もいます。

リアギア

リアのギアに目を向けると、XB1は8段変速、TB1は7段変速。XB1のほうが、フロント変速と相まって、より適切なギアを選ぶことができるでしょう。

また、TB1にはディレイラー(変速機)を保護するガードが備わっています。

ハンドル周り(シフトレバーなど)

XB1もTB1も、クロスバイクとしてはふつうの「フラットハンドル」ですが、XB1ではフロント変速のためのシフトレバーがハンドル左側に備わっています。TB1は右側にしかシフトレバーが備わっていないので、見た目がすっきりしていますね。

上:XB1 下:TB1

ハンドルグリップは、XB1がシンプルな丸形状でダイレクトな握り心地。TB1のグリップは手にフィットしやすい形状で、握り心地が柔らかめです。

ブレーキ

続いて、ブレーキを見比べてみましょう。

XB1もTB1も、フロントブレーキは「Vブレーキ」と呼ばれるものが使われています。パーツのグレードは、XB1のほうが上です。

フロントブレーキが急に効きすぎてしまわないようにする「パワーモジュレーター」が、XB1にもTB1にも備わっています。

リアブレーキは大きく異なります。XB1はリアにもVブレーキを搭載していますが、TB1はシティサイクルで一般的な「ローラーブレーキ」を搭載しています。ローラーブレーキは雨の影響を受けにくいという特徴があり、TB1は実用本位の作りをしていることが、こんなところからもわかります。

ヘッドライト

XB1もTB1も、LED式のヘッドライト(ヘッドランプ)を標準装備しています。XB1のヘッドライトは、単3形アルカリ乾電池を2本使用するタイプです。

一方のTB1は、近年シティサイクルの多くが採用している「ハブダイナモ」を使用するタイプです。

TB1のハブダイナモ

前輪の回転で発電するので、電池いらず。しかも暗くなると自動で点灯します。

スタンド

XB1、TB1のどちらもスタンドを標準装備します。実は、クロスバイクのようなスポーツ自転車にはスタンドが標準装備されていないものが多いのですが、普段使いするなら最初からスタンドが付いていたほうが便利です。TB1のスタンドは、オートロック機構付きのスタンドです。

ボトルケージ台座

自転車用のドリンクホルダーを「ボトルケージ」と呼びますが、それを取り付けるための台座が、XB1にもTB1にも備わっています。どちらも、ボトルケージ1個分の台座があります。

本格的なスポーツ自転車への入門としても位置付けられるXB1のほうは、できれば2個分用意して欲しい——というのが、筆者の個人的な意見です。

TB1の実用装備

ここで紹介するのは、TB1だけに標準で用意されている実用装備。

ひとつは「サークル錠」です。シティサイクルに付いているカギ(ロック、錠)と同じですね。駐輪場にとめたらサッとロックできるので、便利です。

なお、XB1にはワイヤーロックが標準装備されています。

ちなみに、XB1もTB1も3年間盗難補償がついているので、万が一の際も安心です。

もうひとつは、泥除け(フェンダー)です。シティサイクルでは当たり前の泥除けも、スポーツ自転車ではオプションだったり、そもそも取り付けることが難しかったりすることがあります。TB1なら最初から泥除けがついているので、安心です。

XB1の場合、泥除けは別売オプションが用意されています。

重量とサイズ展開、価格

重量を比べてみましょう。XB1は11.6kg〜11.8kg、TB1は15.1kg〜15.3kgとなっています。どちらも、標準装備品を含んだ重量です。

XB1はスタンドやライトなどの標準装備品が590gあり、それを考えるとなかなか軽量なクロスバイクと言えます。一方TB1のほうも、ハブダイナモや前後のフェンダーなどを装備した上での重量ですから、悪くはないです。

サイズ展開は、XB1が4種類で、いちばん小さいサイズは身長138cmから対応。TB1は2種類のサイズを用意し、小さいほうのサイズは身長146cmから対応します(身長はともに目安)。

価格は、下記のとおりです。

XB1:64,000円(税込)
TB1:57,000円(税込)

まとめ

XB1とTB1を比較してみると、見た目は似ていますが、中身は結構違うことがわかります。XB1はスポーツ自転車らしいパーツ構成で、対するTB1はシティサイクルらしさをもっています。

その違いが意味するのは、XB1は「本格的なスポーツ自転車に扱いやすさをプラスした、クロスバイクらしいクロスバイク」であり、TB1は「シティサイクルの実用性とクロスバイクのスポーティさを融合した、シティサイクル寄りのクロスバイク」ということ。

筆者の見解としては、メインの用途は街乗りでも、暮らしの中にスポーツ自転車を取り入れたい、通勤や通学だけでなく週末にはちょっと遠くまでサイクリングを楽しみたい——という人にはXB1が、そして通勤や通学などで毎日使える、ちょっとスポーティだけど堅実でタフな相棒が欲しい——という人にはTB1がオススメです。

また、スポーツ自転車用のさまざまなパーツを使ってカスタムを楽しみたいという場合は、スポーツ自転車の文脈で作られたXB1のほうが向いているということも、付け加えておきましょう。

みなさんは、どちらを選びますか?


●XB1(2021年12月発売予定)
サイズ:390mm、440mm、490mm、540mm
重量:11.6kg〜11.8kg
価格:64,000円(税込)
リンク: エックスビーワン | スポーツ向け自転車 | 自転車 | ブリヂストンサイクル株式会社

●TB1
サイズ:420mm、480mm
重量:15.1kg〜15.3kg
価格:57,000円(税込)
リンク: TB1 | スポーツ向け自転車 | 自転車 | ブリヂストンサイクル株式会社

text&photo_SUGAI Gen(CyclingEX