toggle
2016-04-08 | history

ブリヂストンサイクル名車紹介:スーパーカーの夢を見たジュニアスポーツ車「ヤングウェイ」

ブリヂストンサイクルの歴史を作ってきた名車にスポットライトを当てる「名車紹介」シリーズ。その第4回は、40代以上の男性であれば誰もが憧れたことがあるであろう、ジュニアスポーツ車の「ヤングウェイ」です。

ブリヂストンから、派手なライトやトップチューブに設けられたシフトレバーを備えたジュニアスポーツ車の初代である「ヤングウェイ」が登場したのは、1971年のこと。でも実は、このときはまだおとなしいルックスだったんです(参考リンク)。

しかし直後にスーパーカーブームが発生し、ジュニアスポーツ車はその影響を大きく受けることになります。

今回紹介するのは、1979年モデルの一部です。

ygps5

ブリヂストン・ヤングウェイ モンテカルロ5 ステンレス26(1979)

車名には、モンテカルロの名が冠されていました。変速はリア5段で、当時の価格は56,800円。

続きを読む>

2016-04-01 | シティサイクル

荷物が多い女性の自転車通勤にぴったりの「ブロガーズトート」と「TOTEBOX」

この春、新生活をきっかけに自転車通勤を始めるという人も多いのではないでしょうか。今回は、BRI-CHANスタッフが「女性のための通勤自転車」を考えてみました。

自転車通勤といってもいろいろなスタイルがありますが、今回の想定は片道15〜30分くらいの範囲、服装はスーツやオフィスカジュアルで——というもの。東京だと、駒沢から中目黒、祖師ケ谷大蔵から二子玉川、方南町から新宿といった感じです。

そして、ひとつ考慮したのが「荷物の多さ」です。例えば営業職の女性の場合、ノートパソコンや仕事の資料、デジタルカメラなど、ただでさえ仕事の荷物が多いうえに、化粧ポーチもありますし、男性と違ってスマートフォンやお財布をポケットに突っ込んだりはしませんよね。となると、どうしても大きなハンドバッグやトートバッグを使うことになります。この大きなバッグが、自転車の前かごに入らないんですよ。

まずは、オススメする自転車から。

totexbt_001

こちらの「TOTEBOX small(トートボックス スモール)」です。大きな荷物を載せることができて、しかも走りもしっかりしている、頼もしい自転車です。

続きを読む>

2016-04-01 | クロスバイク

自転車通勤スタイル男性編:ひらくPCバッグ×ordina S5Bは狙ったかのような名コンビ!

春は自転車に興味を持つ人が増える季節。暖かくなってきますし、新たに自転車通勤・通学をスタートさせたいという人も増えるのが、春なのです。そこで今回は、ブリヂストンの自転車と人気のバッグを絡めた自転車通勤スタイルを提案します。まずは男性編です!

「自転車通勤」といっても、その距離や内容にはいろいろあります。自宅からちょっと駅までという人もいれば、ロードバイクで片道20kmを通勤したいという人もいるでしょう。

今回の想定は「自宅から最寄り駅まで」から「片道7〜8km、時間にして30分」といったところ。東京なら経堂から渋谷、大阪なら放出(はなてん)から梅田といった距離感で、もちろんスーツやビジネスカジュアルなど「ふつうのかっこう」という前提です。

まずは男性編ということで、おすすめする自転車はこちら!

s5bxhiraP_001

続きを読む>

2016-03-25 | クロスバイク

自転車の達人に聞いてみた!「フルシマノってどういう意味? 何が良いの?」

クロスバイクがほしいと思ってインターネット上でさまざまな情報を見たり、実際に販売店に行ってみたりすると見聞きするのが「フルシマノ」という言葉です。「このクロスバイクはこの値段でフルシマノだから、良いよ!」といったような使われ方をします。でも「フルシマノって何?」「フルシマノってそんなに良いの?」と思っている人もいることでしょう。

そこで今回は、この「フルシマノ」にスポットを当ててみました。

_DSC0016

シマノ製のフロント変速機とギヤクランク(CYLVA F24)

続きを読む>

写真で見るBRIDGESTONE GREENLABEL:自転車通勤・通学にぴったり!カーボンベルトドライブ+内装5段の「ordina S5B」

ブリヂストンサイクルが発売したばかりの新しいクロスバイク「ordina S5B」が、「写真で見るBRIDGESTONE GREENLABEL」シリーズにさっそく登場です。シティサイクルでおなじみの27型ホイールを採用、そして何よりもカーボンベルトドライブを搭載しているのが特徴です。

s5b_00001

※写真は試作品です。市販される製品とは異なる場合があります。

  • 製品名 ordina S5B(オルディナ・S5B)
  • 価格 57,800円(税別)
  • 製品情報 http://www.bscycle.co.jp/cross-bike2016
  • ※2017年モデルの製品情報変更はコチラ
  • 続きを読む>

  • 2016-03-16 | クロスバイク

    ブリヂストンサイクルがクロスバイクの魅力を伝えるスペシャルサイト「はじめてのクロスバイク」を開設

    ブリヂストンサイクルが、クロスバイクの魅力を伝えるスペシャルサイト「はじめてのクロスバイク」を開設していました。

    hajimete_001

    登場する自転車は、ブリヂストンのGREENLABELを代表するクロスバイクである「CYLVA F24」と、本日発表になったカーボンベルト+内装5段のニューモデル「ordina S5B」。

    続きを読む>

    2016-03-11 | history

    ブリヂストンサイクル名車紹介:ロードマンのもうひとつのカタチ「ロードマン・スカラ」

    ブリヂストンサイクルの歴史を作ってきた名車にスポットライトを当てる「名車紹介」シリーズ、第3回は「ロードマン」のバリエーションモデル「ロードマン・スカラ」を紹介したいと思います。

    前回のこのコーナーでは、ロードマンの初代モデルを紹介しました。

    リンク: ブリヂストンサイクル名車紹介:少年たちが憧れたドロップハンドル車「ロードマン」 – BRI-CHAN

    ロードマンといえば、ドロップハンドルの自転車というイメージを持っている人が多いかと思います。事実ロードマンは、大人のスポーツ車の雰囲気をしっかり持ち、少年たちにとって(比較的手に届きやすい)憧れの存在だったのです。

    しかし、2014年11月に発売された雑誌「BICYCLE NAVI NO.79」の特集「僕たちのロードマン」に携わる中で、あることが見えてきました。

    IMG_6701

    リンク: 特集は「僕たちのロードマン」!BICYCLE NAVI NO.79 発売中 – CyclingEX

    続きを読む>

    CYLVA F8Fでお気軽輪行。横浜巡りがもっと楽しくなる!

    輪行は遠方へツーリングする際だけの手段と思ってませんか? いえいえ、簡単に折り畳めるフォールディングバイクなら、週末のちょっとしたサイクリングだって輪行を活用することができるんです。

    <text&photo_RYO SATO>

    P2120038
    今回の輪行ツーリングに使用したCYLVA F8F。

    例えば「少し離れた街を自転車で巡る」なんてシチュエーションではフォールディングバイク+輪行というのはじつに便利。ある程度の距離を自走するとなると、どうしても機能性を重視したファッションにならざる負えないし、持ち物だって増えますからね。輪行ならば降り立った駅からサイクリングスタート。カジュアルな装備で街を街らしく楽しむことができますよ。

    というわけで、ここでは筆者の自宅から片道約25㎞ほど離れた横浜へツーリングに行った模様を写真と共にレポートいたしましょう。

    続きを読む>

    1 8 9 10 11 12 13 14