写真で見るBRIDGESTONE GREEN LABEL:実用派もスポーツ派も満足の「CYLVA F24」2018年モデル

BRIDGESTONE GREEN LABELを代表する自転車のひとつである、「CYLVA F24」は、日常生活の中でスポーティなクロスバイクを活用したい人にとって、まさにぴったりの選択です。細部がアップデートされた2018年モデルについて、見ていきましょう。

製品名 CYLVA F24(シルヴァ F24)
価格 52,800円(税別)
製品情報 https://www.bscycle.co.jp/items/commuting/greenlabel/cylva/index.html
※3年間盗難補償付き

2018年モデルで追加されたニューカラー「F.Xソリッドブルー」は、艶ありの鮮やかな青です。

BRIDGESTONE GREEN LABELの控えめなロゴは、街中からサイクリングで出かけた先まで、幅広いシーンに似合います。

BRIDGESTONE GREEN LABEL専用のヘッドバッジです。

タイヤは700×32Cというサイズで、クロスバイク用としては定番のもの。パンクリスクを軽減するプロテクター「パンクガード」を採用しているのが特徴です。

タイヤチューブのバルブは、ロードバイクやクロスバイクで主流の「フレンチ(仏式)」です。

ブレーキはVブレーキと呼ばれるタイプのもの。日本メーカーのシマノ製で、制動力とコントールのしやすさに優れています。

フロントブレーキのワイヤーに設けられた「パワーモジュレーター」は、ブレーキが急に効きすぎるのを防ぎます。

前3段、後ろ8段の24段変速を搭載。変速機などのパーツは、シマノ・アルタスを採用しています。

坂道から平坦な道まで、幅広いシチュエーションに対応できるギア比となっています。

ハンドルの右側には後ろギアのシフトレバー、左側には前ギアのシフトレバーが装着されています。

ベルやリフレクター、そしてヘッドライトが標準装備されているのがCYLVA F24の特徴のひとつ。ここにはありませんが、ワイヤー錠も付属しています。

樹脂製のペダルは、ペダリングがしやすいエルゴノミック形状。滑り止めも付いています。

お尻が痛くなりにくく、かつ、太ももと洋服が擦れにくくてペダリングの動きを妨げない、スポーティなエルゴノミックサドル。

2018年モデルでは、スタンドがセンタースタンドからリアに装着されるサイドスタンドへと変更されました。フレームにはスタンドを取り付ける台座があり、スマートにスタンドが取り付けられています。

前輪を保持しているフロントフォークは、クロモリ製からアルミ製に変更になりました。2017年モデルよりも軽量で、シャープな走りを実現しています。

フレームに後輪が収まっている部分の幅(エンド幅)は、2017年モデルでは135mmだったのが、2018年モデルではロードバイクで多く採用されている130mmとなりました。

ボトルケージ台座が、ボトルケージひとつ分備わっています。

CYLVA F24は、自転車の安全・環境基準「BAA」の適合車です。

CYLVA F24には、390mm/440mm/490mm/540mmと4種類のサイズが用意されています。重量は490mmサイズで11.7kg。この重量はヘッドライト、ベル、前後リフレクター、ホイールリフレクター、サイドスタンドの合計590gを含んでいるそうなので、この価格帯のクロスバイクとしてはなかなか軽量と言えるでしょう。

また、標準の付属品が充実していて、3年間の盗難補償もついて52,800円(税別)という価格設定も魅力的です。実用性重視のクロスバイクとしても、スポーツ自転車の入門モデルとしても、安心して乗ることができる1台と言えるでしょう。

リンク: ブリヂストン グリーンレーベル | 通学・通勤向け自転車 | ブリヂストンサイクル株式会社

関連記事: BRIDGESTONE GREEN LABEL カタログ – BRI-CHAN

text&photo_Gen SUGAI(CyclingEX


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)